労働時間制度への疑問

  1. 勤務日により、日勤や夜間勤務があるが、割増賃金の計算は正確か
  2. 当社の夜勤は、ほとんどが仮眠できる状態だが、労働時間か
  3. 移動時間は、労働時間として計算すべきか
  4. 始業・終業時間が毎日違うが、割増賃金の計算はどうすべきか
  5. 正社員とパートの勤務時間が違うが、当社にあった労働時間制度は何か
  6. 各週2日の休日だが、違反していないだろうか
  7. 1日10時間労働の契約だが、合法だろうか
  8. 土曜日・日曜日出勤もあるが、割増賃金はどう計算するのか
  9. 暇な月と忙しい月があるため、割増賃金を払わないが、大丈夫だろうか
  10. みなし労働時間を使えば、割増賃金は不要と聴いたが・・・

解決方法は、各社各様


制度を見直せば、割増賃金が節約できる!

  1. 例えば、基本給35万円の労働者Xであれば、2,085時間を超えた時間を残業扱いにするケースと1,950時間を超えた時間を残業扱いにするケースでは、年間の残業代金は、72,692円違います。
  2. わずか年間72,692円と思うかもしれませんが、従業員が100人いれば、726万円の差になります。
  3. また、残業単価が175円違うため、労働者Xが1年間で300時間の残業をした場合、残業代は、年間52,500円違います。
  4. 従業員100名で、525万円の差になります。
  5. この合計1,251万円の差は、社会保険料や労働保険料にも影響します。
  6. 私は、どうせ払うなら、無駄な残業代は払わず、1人10万円ずつボーナス額をアップさせた方が良いと思うのですが。・・・


  1. 変形労働時間制度導入の検討
  2. 始業・終業時刻・休憩時間等の調査・アドバイス
  3. 休日・休暇等の設計アドバイス
  4. 給与計算の留意点のアドバイス
  5. 年次有給休暇取得等のアドバイス
  1. 勤務ローテーションの分析
  2. 勤務ローテーション表の作成



a:2624 t:1 y:0